古物商許可申請に必要な書類

法人で許可を取る場合の必要書類
 -正副2通(1通はコピーでも可)

申請書

古物商許可申請書
 →ダウンロード(茨城県警察の公式サイトより)

・別記様式第1号その1(イ)
 -左側に「代表者等」の欄がある書類

 役員についての書類です。1枚で3名記載できますので必要枚数を使用
します。代表者1名の法人の場合は必要ありません。

・別記様式第1号その2
 -左側に「営業所・古物市場」の記載がある書類

 営業所に関する記載事項です。複数の営業所がある場合は、その数だけ
必要です。

・別記様式第1号その3
 -左上欄に「電気通信回線に・・・」の記載がある書類

 ホームページ利用に関する事項についての書類です。利用の有無やURL等を記入します。

 

添付書類

① 定款および登記簿謄本

② 住民票の写し(本籍または国籍の記載あるもので個人番号の記載がな
 いもの)

③ 登記されていないことの証明書

④ 市区町村長の発行する身分証明書

⑤ 人的欠格事由に該当しない旨の誓約書

 →参考様式(法人役員用。茨城県警察の公式サイトより)

⑥ 最近5年間の略歴を記載した書面

 →参考様式(茨城県警察の公式サイトより)

⑦ URLの使用権限を疎明する資料(ホームページを利用する場合)

⑧ 手数料納付書

 →ダウンロード(茨城県警察の公式サイトより)

管理者について

① 住民票の写し(本籍または国籍の記載あるもので個人番号の記載がな
 いもの)

② 登記されていないことの証明書

③ 市区町村長の発行する身分証明書

④ 人的欠格事由に該当しない旨の誓約書

 →参考様式(管理者用。茨城県警察の公式サイトより)

⑤ 最近5年間の略歴を記載した書面

 →参考様式(茨城県警察の公式サイトより)

※ 誓約書は、代表者や役員の中に営業所の管理者を兼ねる者がいる場合
 は、その者については管理者用のみで足ります。

※ 以上は申請に少なくとも必要な書類となります。

申請先によっては、これ以外の書類が要求される場合もあります。

申請に行く前に、必ず必要書類を確認しましょう