古物商許可申請においては、13品目の中から、主に取り扱う古物を1つ、その他取り扱う古物を1つないし複数選ぶこととなっています。

この13品目は以下になります。

① 美術品類、② 衣類、③ 時計・宝飾品類、④ 自動車、⑤ 自動二輪車及び原動機付自転車、⑥ 自転車類、⑦ 写真機類、⑧ 事務機器類、⑨ 機械工具類、⑩ 道具類、⑪  皮革・ゴム製品類、⑫ 書籍、⑬ 金券類

では、その他取り扱う古物はどのように選択すべきでしょうか。

明確な組み合わせが想定されているわけではありませんが、主に取り扱う古物と関連のある物が適当とされています。

すなわち、主に取り扱う古物として、① 美術品を選択したときは、③ 時計・時計・宝飾品類、あるいは、⑦ 写真機類などが関連があるといえます。

主に取り扱う古物が、④ 自動車であるときは、⑤ 自動二輪車及び原動機付自転車、⑥ 自転車類などが関連があるといえます。

また、主に取り扱う古物が、⑬ 金券類であるのに、その他取り扱う古物が、④ 自動車であるときは、関連性もさることながら、金券のような小さなものを主に取り扱うための営業所で、はたして自動車のような大型の古物を取り扱えるのかという問題がでてきます。

大雑把な分類ですが、主に取り扱う古物と、その他取り扱う古物の大きさも関係してきます。

その他取り扱う古物としては、主に取り扱う古物と関連性があるか、大きさからしても、主に取り扱う古物の営業所で取り扱えるものかなどを考慮して選択するとよいでしょう。