ホームページを利用して古物取引を行う場合には、そのホームページのURLを届け出ることになっていますが、およそホームページを開設する場合全てに届出が必要とまではされていません。

茨城県内の場合、届出が必要となるのは、概ね、取引がホームページ上で完結する場合とされています。

すなわち、商品の情報がホームページ上に掲載されているのみならず、購入の申し込みと承諾-売買契約の締結-がホームページ上で完了する場合が届出の対象とされています。

これに対して、ホームページにはお店の紹介や商品の情報は掲載されているものの、実際の購入は店舗を訪れて行うような場合は、届出は必要ないとされています。

なお、形式的にはホームページ利用取引にあたっても、URLが無作為に割り当てられ、かつ、反復継続して利用することができないものについては、URLの届出は必要ないとされています。

添付書類については、URL使用権限を疎明する資料が必要となります。

独自ドメインであれば、WHOIS情報をプリントアウトしたものを提出することができます。