親が古物商許可を受けて事業を営んでいたが、その後を子供が引き継ぐ場合、改めて許可が必要でしょうか。

まず、例えば父親が個人として古物商許可を受けて古物屋を営んでおり、父親が亡くなる、あるいは引退するなどしてその後を息子さんが継ごうとする場合は、息子さんについて改めて許可が必要となります。

親子とはいえ、父親と息子さんは別人であるところ、許可はあくまで父親に対してなされたものだからです。

これに対し、父親が代表を務める会社が古物商許可を受けていた場合、父親が亡くなる、あるいは引退するなどしてその事業を息子さんが承継する場合は、改めて許可は必要ありません。

許可は会社が受けており、代表者の交代は、いわば内部事情であり、許可を受ける主体が変わるものではないからです。

参考 「法人化の場合、改めて古物商許可が必要か」